24時間対応 在宅医療ネットワーク 医療法人社団悠翔会

悠翔会在宅クリニック北千住

悠翔会在宅クリニック北千住

院長ご挨拶

高橋 徹 院長 診療風景

悠翔会在宅クリニック北千住院長の高橋徹です。

私たちは北千住にあるクリニックから足立区・荒川区(一部の北区・台東区)で訪問診療を専門に行っています。通院が難しくなってきた高齢の方や障がいを抱えている方、がん患者さんのお宅に伺い、在宅医療を提供しています。

在宅医療は病院での治療や検査を単に自宅で行う、というものではありません。当然、設備や環境などの違いもあり病院と同じことはできない、という側面もありますが、在宅医療はその場所が生活の場である、ということが病院との大きな違いだと思っています。患者さんは生活者であり、またその患者さんを支えているご家族も生活者です。何かしらの病気を抱えながらも自宅で生活をしたい、自宅に居たい、自宅に居てほしい、という気持ちを多職種で支援し、そこに安心を提供することが在宅医療の一つの重要な役割だと思っています。

患者中心の医療の実践が在宅医療には求められています。しかし、そこには医療の質と医療人としてのバランスが要求されると思っています。「患者中心」という言葉を履き違えて医療の質と判断を曖昧にしていては、それは独善につながる恐れもあり、また今後の在宅医療の発展にもつながりません。それぞれに背景があり、その背景と患者さん・ご家族の希望を医療者として提供すべき医療と鑑みてバランスよくその方を支援する、そんな医療を提供できればと思っています。

私たちが行っている在宅医療が、地域の方の生活の安心につながるよう努力して参ります。

高橋 徹

院長ならびに常勤医師

高橋 徹 院長

悠翔会在宅クリニック北千住院長 高橋 徹出身大学:宮崎大学医学部

主な経歴:中通総合病院外科医長、秋田大学地域医療連携学講座助教、古賀総合病院外科医長、がん研有明病院緩和治療科副医長

専門(学会等):外科専門医、麻酔科標榜医/日本外科学会、日本緩和医療学会

在宅医療に関わるきっかけ:病院勤務時代に週1回の外勤先として、先輩の勧めで訪問診療を初めて経験しました。病院で患者さんから「家に帰りたいけど、家ではこんな治療受けられないからね」と言われたことがありました。確かにできないこともありますが、できることもたくさんあります。それがきっかけです。

メッセージ:悠翔会在宅クリニック北千住の高橋徹です。消化器・一般外科医として虫垂炎や脱腸の手術からがんの手術、抗がん剤治療までを専門として病院勤務しておりました。私の恩師は緩和治療の重要性を研修医時代から私に教えてくれました。そして、緩和病棟での勉強の後に在宅緩和治療に貢献できればと思い、現在にいたります。今はがん患者さんだけではなく訪問診療の全般を対応させていただいています。皆様が安心してご自宅で生活できるように微力ながらお手伝いさせていただければと思います。よろしくお願いします。

内科非常勤医師5名 精神科非常勤医師1名

 

看護師

はじめまして!毎日、医師とともに皆様のお宅にお伺いしている看護師です。

北千住クリニックには3名の看護師が常駐しており、3名で色々なルートをローテションして同行しております。診療同行するうえで、在宅で生活される患者さんの毎日を看護の視点でサポートできるよう日々努力しております。先生には聞きづらいな・こんなときの介護はどうするのだろう等々、いつでもお声かけしていただける関わりを心がけています。

 

相談員

新規相談~初診までの様々な連携調整や、療養生活上の困りごとに対する相談支援を社会福祉士が担当し、患者さんやご家族、関係機関の方に安心して訪問診療を開始・継続していただけるよう心がけています。お気軽にご相談ください。

 

診療支援部(医事課)

患者様ご家族様に信頼・安心して頂けるよう迅速かつ丁寧な対応を心掛けております。地域の方々とともに助け合えるクリニックの一員でありたいと願っています。よろしくお願いいたします。

 

診療支援部(ドライバー)

専属のドライバーが、医師と看護師を乗せて患家や施設までお連れします。

迅速かつ安全な運転により、医師と看護師は安心して診療に集中することができ、即座に状況報告や指示等が可能となります。

在宅クリニックのサポート役として地域医療へ貢献することを大変誇りに思います。

また、信頼されるドライバーを目指し、日々努力して参ります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP