24時間対応 在宅医療ネットワーク 医療法人社団悠翔会

訪問診療とは?

在宅医療(訪問診療)とは、具合が悪くなったときだけ医師が診察に伺うものではありません。
お一人で通院が困難な患者様のお宅に、日ごろから医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に健康管理を行うものです。
定期訪問に加え、緊急時には365日×24時間体制で対応、必要に応じて臨時往診や入院先の手配などを行います。
訪問診療の目的は病気の治療だけではありません。転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡などの予防、栄養状態の管理など、
予測されるリスクを回避し、入院が必要な状態を未然に防ぐことも重要な役割です。
わたしたちは地域の病院や介護事業者の方々と連携・協力しながら、患者さんが在宅で安心して療養生活を続けられるよう、在宅患者さんを総合的にサポートします。

介護サービスと連携します。

在宅医療においては、病気の治療よりも、療養環境の整備が先決であるとわたしたちは考えます。
どんなに高級な治療も、患者さんが安心して療養できる環境がなければ、治療効果は期待できません。
わたしたちは「介護の現場を知る医療機関」として、ご家族や介護者・施設運営者の方々との積極的な協力関係を通じ、よりよい療養環境づくりに参加させていただきたいと考えています。

  • 主治医意見書や各種指示書の作成
  • ケアマネージャーやご家族様への診療情報の提供(居宅療養管理指導)
  • ケアプランに合わせた診療計画の調整
  • 担当者会議・退院前カンファランスへの参加
  • 難病申請・公費助成・成人後見の診断書作成など
  • 施設に入居されている患者さんの場合、施設運営者との円滑な連携と支援方針の共有

後方支援病院と連携します。

在宅で安心して療養を続けるためには、万が一の際に入院や検査を受け入れてくれる病院の協力が必要です。
当院では、地域ごと、患者さんごとに高度医療機関と連携し、緊急時のバックアップ体制を確保するよう努めています。

  • 緊急時の入院受け入れ
  • CT・MRIなどの画像診断、内視鏡などの精密検査
  • 在宅医療では対応できない専門医による診察や治療

機能強化型・在宅療養支援診療所とは?

悠翔会のクリニックはすべて「機能強化型・在宅療養支援診療所」です。
「機能強化型」とは、在宅医療に従事する常勤医師が複数名勤務している、一定数の時間外往診や在宅看取りに対応しているなどの実績がある在宅療養支援診療所に認められるものです。
医療法人社団悠翔会は法人全体で13名の常勤医師が勤務、約1000名の在宅患者さんに対し、年間で約6000件の電話対応、約3000件の往診(定期診療以外の訪問)及び100件以上の看取りを行っています。
終末期や重症の患者さん、医療依存度の高い患者さんにも対応できる首都圏有数の在宅医療チームです。

 

 

診療ご希望の方やお問い合わせは TEL 03-3289-0606

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP