24時間対応 在宅医療ネットワーク 医療法人社団悠翔会

診療対応能力

疾病の治療のみならず、安全な共同生活を守るという視点から、施設運営者と連携して包括的な医療支援を行います。

  • 総合内科医が主治医として原則として週に1回、定期的に訪問します。(施設規模によっては週2回以上訪問することもあります)
  • 主治医はプライマリケア全般に対応します。
  • 精神科、皮膚科、整形外科、緩和ケア科など必要に応じて専門医の往診が可能です。(予約制)
  • インフルエンザワクチンの予防接種(施設職員の方にも実施可能です)
  • 肺炎球菌ワクチンの予防接種

医師による確実な24時間対応。

  • 夜間帯は2名の医師が当直勤務(クリニック内で待機)しています。医師が電話対応し、必要性や要望に応じて随時往診します。
    ※概ね30~60分程度で到着しています。ただし緊急往診が重なった場合など、それ以上お待ちいただく可能性があります。
  • 日曜日・祝祭日も2名以上の医師が勤務しています。
  • 入院が必要な場合は、搬送先病院の手配と診療情報提供書(紹介状)の作成を行います。
    ※連携先病院が満床の場合、入院先の確保に時間がかかることがあります。
    ※脳卒中や心筋梗塞、消化管出血など一刻を争う事態の場合は、救急隊と同時進行で搬送先病院の確保を行います。

終末期ケア/看取りへの積極的取り組み。

  • 施設側で対応可能な場合、看取りの支援を積極的に行っています。
  • 緩和ケア的医療(麻薬による疼痛緩和など)の提供が可能です。
  • できるだけ穏やかな終末期が過ごせるよう、必要に応じてケースカンファランス等の開催に協力します。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP