24時間対応 在宅医療ネットワーク 医療法人社団悠翔会

診療実績

わたしたちは2006年8月、東京都千代田区で訪問診療を開始しました。
「在宅療養支援診療所」がはじめて定義されたのはこの年です。
日本で本格的に在宅医療が普及を始めた「在宅医療元年」と言ってもよいかもしれません。
以後、在宅医療へのニーズはどんどん高まり、在宅医療に求められる役割も拡がりつつあります。

わたしたちは、ニーズに応じて診療機能を拡充していくとともに、地域の信頼できる「在宅医療インフラ」として、すべての患者さんに高品質な訪問診療サービスを安定的に提供できる体制を目指します。

診療担当患者数の推移

患者さんの99%が病院および介護事業者からの紹介によるものです。
2012年12月までで延べ4,000人の患者さんの診療を担当させていただいています。

診療担当患者数の推移

2013年実績

2012年12月から2013年11月の1年間で、管理患者数は252人(延べ患者数は578人)増加しました。
居宅患者については、重症・終末期の割合が多いため、管理患者数には大きな伸びはありませんが、各クリニックが毎月10~20名の新規受け入れを行っています。今期はサービス付高齢者住宅への訪問診療が大幅に増加しましたが、特定施設への訪問診療は、運営者と理念が共有できる案件に限定し、伸びを抑制しました。2014年には特定施設4か所、サ高住3カ所との医療連携が決まっています。また、地域密着性の強化により、在宅患者数が増加も見込まれます。来年末には法人全体で500人程度の患者数増加を予測しています。

2012年12月~2013年11月管理患者数グラフ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP